2016年08月27日

木のマグカップ & 石窯ピザ 手づくり体験

1608_minievent4.jpg

今日は、綾部市の木材市場で もくもくフェスタ のプレイベント、
「木のマグカップづくりと石窯ピザ体験」のワークショップを開催しました。

私も実行委員会メンバーなんですが
参加者数にまだ余裕があったし、定価販売より安い値段で体験できるとあって
一参加者として参加してきました。
今回は、同じ実行委員会メンバーでもある 里山ねっと・あやべ さんに
企画から集客・運営まですべてお任せできたので
参加者目線でとっても楽しめました☆

お米パン工房 hana* ちゃんや yuka さんも参加してくださって
丹波西山さんのご家族もご参加♪
いつも仕事でお世話になってる方たちや、
以前別のイベントでご一緒した方なども参加されていて、
とっても和やかな雰囲気でのワークショップとなりました。

1608_minievent6.jpg

1608_minievent3.jpg

1608_minievent5.jpg

娘連れの私。
オンブだと愚図ったので、やむなく抱っこに。
講師でもある義兄からナイフを借りて、木を削っていったんですが、
「危なっかしい。。。」と、ドクターストップならぬ講師ストップが入りました(^_^;)

義兄が eve を抱っこしてくれたり、散歩してくれたりして
その間、ククサづくりに集中できました。
最近、モノづくりに集中する時間がとれずに欲求不満だったので
久々の大好きな時間に、hana* ちゃん達と喋ることもせず
黙々と没頭してました☆

1608_minievent7.jpg

最終的にはこんな感じ。
オンブで寝てくれました☆

1608_minievent2.jpg

1608_minievent9.jpg

1608_minievent10.jpg

お昼休憩は、里山ねっと・あやべさんの石窯でピザづくり。
生地づくりから材料切りまですべてご用意くださっていたので
あっという間に完成!
生地パリパリで、とっても美味しかったです!

1608_minievent11.jpg

1608_minievent1.jpg

1608_minievent8.jpg

食べ終わった方から、ククサの続き。
紙やすりで磨いたりオイルを塗ったりして完成!
私は、まだまだ削り込みたいので、家での宿題です☆

親子で参加される方、おばあちゃんとお孫さんで参加される方、
大人一人で参加される方、、、
綾部の方、福知山の方、大阪の方などなど、、、、
お住まいも世代も、いろんな方が参加されての
とっても和やかなワークショップでした。
楽しかったーーーー!

ご参加くださった皆様、
企画運営をしてくださった里山ねっと・あやべさん。
ありがとうございました!!!

2016年04月12日

山菜採り教室

山菜採り

『 林業家の嫁なのに、山菜は全然知らない 』 とは、大きな声では言えない・・・。

ということで、絶品の白味噌 でお世話になっていた安藤さんのお誘いに即答!
うららかな春の陽に、eve の散歩がてら、
綾部の白道路で開催された山菜採り教室に参加してきました☆

山菜採り

最近、屋内や車内ばかりで色白だったイブキも、
今日で少し日に灼けて、健康的に見えるようになったかな?
オンブで参加できるか不安でしたが、
他の参加者さんにもとっても良くしていただいて、
お昼ご飯もお土産も盛りだくさんで、楽しいツアーになりました!

「 まぁ、なんて大人しい子なんでしょう・・・ 」 とか
「 ぜんぜん、泣かないで笑ってばっかりやねぇ・・・」 とか
たくさん eve を褒めていただいたんで、私も 「 ありがとうございます 」 と言いつつ、
「 家ではよく泣くんですけどねーーー(^_^;) 」 と。

何も予定の無い日に eve と二人で家にいるときよりも、一日、外出したほうが
グッタリ感が少ない・・・・。。。不思議。
もちろん、家事や旦那さんのお昼ご飯は放ったらかしだし、
離乳食を食べさせつつ、朝早くに出発するのは至難の業でしたが、
外の陽気に触れているほうが、eve もずっと上機嫌☆
参加者さんみんなに愛想を振りまいてました。

山菜採り

白道路はとっても素敵なところ。
先日、私も初めて、新居周りの道作り(草引き等)に参加(見学)したんですが、
だからこそ、白道路の方々が、よく手入れされてるのが分かります。

山菜採り

山菜採り

山菜採り
セリ、ノカンゾウ。

山菜採り

山菜採り

山菜採り山菜採り

トトキ、タラの芽、フキ。

山菜採り

山菜採り

スイスイ、ウド。

山菜採り

お昼はみんなで天ぷら祭!
今回のツアーでは、ワタシは若造だったのに、
eve の離乳食 & 授乳タイムとなり、お手伝いできず・・・・。
参加者の皆さんで、たくさん揚げてくださいました。

山菜採り

タラの芽やコシアブラの天ぷらも絶品でしたが、
ヨモギやアザミの根の天ぷらも美味しかったです!

山菜採り

ワラビのおひたし、タケノコの木の芽和え、
ノカンゾウのぬた和え、セリのふりかけ。
特に、ノカンゾウはクセが無くて、とっても美味しかったです☆

山菜採り

最後にはデザートや、タケノコのお土産まで・・・。
eve も初の餡子デビュー!
糖分が少なそうだったので、
粒は避けて、こしあん状態の部分をあげてみたんですが
めちゃめちゃガッツいてました!!!!
焼き芋も好きだし、カボチャも好きだし、、、、
どんだけ女子やねん!

白道路の皆さん、他の参加者の皆さん、
本当にありがとうございました!!!

2016年03月30日

防災 BBQ

防災BBQ
(※里山ねっと・あやべ撮影)

防災BBQ

3 月 20 日(日)。
綾部にある木材市場で、もくもくフェスタ京都ちーたび がコラボ。
「 家族で楽しむ防災 BBQ と 木の切り方教室 」 が開催されました。

旦那さんや義兄が講師として登壇、
私もお手伝いスタッフとして参戦!
20 名以上のご家族がご参加くださり、とっても楽しいイベントになりました。

防災BBQ

舞鶴にある京都バーベキュー協会の森本さんから
防災についてのレクチャーを受け、いよいよ防災クッキング!
ポリ袋を使ってご飯やカレー、スイーツを作る方法を教わりました。
子供たちも興味津々!

防災BBQ

料理に使うお水も、被災したときを想定して
水タンクからの配給を受けます。

防災BBQ

防災BBQ

被災したときには水は貴重!
ポリ袋で一人分ずつのご飯やカレーを作って、そのまま戴くことで、
洗い物の量をできる限り減らします。

防災BBQ

もちろん! BBQらしいメニューもありました〜。
ジビエ鹿肉の塊やチキンの丸焼き、たまねぎの丸焼きなどなど。
豪快な見た目に食欲がそそられます☆

防災BBQ
(※里山ねっと・あやべ撮影)

試しに、eve にチキンの丸焼きをあげてみたら
めちゃめちゃガッツいてました!!!
ワイルド〜。

防災BBQ

義兄のチェンソーアート実演があったり、、、

防災BBQ

薪割り体験があったり、、、。
この薪割り機。とっても使いやすかったです!

防災BBQ

キッズ達にも大人気。
子供でも薪割りができます。
我が家にも欲しいわ〜。

防災BBQ

防災BBQ
木の切り方教室では
旦那さん指導のもと、
皆さんにノコギリで
木を切っていただきました。

木、、、といってお
実際に山の中で切るのは危険なんで
毎年、もくもくフェスタが行われる
あの広場に丸太を立てて
模擬的に切ってもらいました。

ロープをかけて
子供たちに引っ張ってもらうことで
より安全に切っていただくことができます。

防災BBQ
それでも、木が倒れたときには
ズドーンと音がするので
子供たちも大興奮です☆

今回、とっても盛りだくさんの内容で
豪華なイベントになりました。

企画・準備・運営・お片づけなど
そのほとんどを、
もくもくフェスタ実行委員会メンバーの
里山ねっと・あやべ 」 さんや
「 しえんのわ 」 さんにお世話になり
ありがとうございました!!!

離乳食期にまる一日外イベントを経験し、
私と eve もまた一歩、成長した気がします。。。

2015年12月16日

12/19(土)−20(日) 近くの山の木でつくる家の完成見学会


住宅完成見学会

家づくりが進んでいます。
ami * nui サロンにお越しくださってる参加者さんには
ずっと前からたびたび話題にしてきましたが、
ようやく、完成の声が近づいてきました!

住宅完成見学会

実家が転々としていたので、
「 ずっと住み続ける家 」 っていうもののイメージができなかったんですが
旦那さんが林業家ということで、
「 近くの山で育った木の家に住んでみたい 」 という気持ちが
少しずつ強くなってきていました。
念願かなって、とっても嬉しいです。

一部、丹州木材市場で買い付けた木もありますが、
ほぼ、福知山産の木で出来ています☆
ほとんどが杉ヒノキですが、
要所要所に、栗、桜、松、モミの木などが使われています。

住宅完成見学会住宅完成見学会

奇しくも、娘と同級生になった我が家。
家づくりのほうが、妊娠より先に進み始めたので
偶然にも、嬉しいことが重なることになりました。
どちらも、結婚してから何年もずっと待っていたので
今年一年間は、これまでとは比べものにならないくらい、幸せの詰まった一年になりました。

ここ一ヶ月ほど、散歩しながら、娘と建築現場に通うんですが
とにかくビックリするくらい、Eve が超ご機嫌なんです。
無垢の木の香りが好きなのかなぁ・・・?
超人見知りの Eve が、ベテラン棟梁さんや左官屋さんに対しては
キャッキャキャッキャと声をあげて笑いかけるので、ビックリしています。
寝室になる 2 階の部屋に行ってもキャッキャキャッキャ。
家を気に入ってくれたんだったら嬉しいなぁ☆

住宅完成見学会

(写真は 10 月。壁をつくる前の内側を見ることができる構造見学会の模様です)

せっかくベテラン棟梁さんや職人さんが関わってくださってるから
本当は、もっともっと
丁寧に取材して、このブログでもお伝えしたかったです。
間取り、アメニティ、建具など、
もっともっと、先輩ママさんたちにお話を聞いて熟考したかったです。

ただ、いろいろ諸事情があり、妊娠・里帰り・出産と重なってしまったので、
密な打ち合わせができず、
いろんなことを、設計士や不動産管理のプロである義兄らや、
留守をまもる主人にお任せしなくちゃいけなくなってしまいました。

が、親族ということもあって、
一方で、設計士の義兄の新たな挑戦・実験の場にしてもらいたい、という気持ちもあるし、
インテリア・住まいに詳しくない私が全てを打ち合わせしたところで、
結果、満足できたとも思えないので、
今はこれで良かったかな・・・・と思ってます(^_^;)
住みながら、少しずつ育てていきたいです。

住宅完成見学会

この薪ストーブもそう。
主人に一任していました。
主人が選んだものをパンフレットで見たときは
正直、「 デザインが私の好みじゃない・・・ 」 って不服でした。
天板で料理もできないし・・・。
でも、蓄熱性や薪消費量から選ぶと、これが一番ということと、
他の部分で旦那さんの意見を却下し続けてたので(^_^;)
薪ストーブについては、シブシブ納得しました。

ところが、先日、実物が設置されたんですが、
パンフレットで見るよりシンプル & シック!
もっと大理石調で派手だと思ってたので、予想を良い方に裏切られました☆
良かったーーーー☆

慣らし運転のため、日曜日にも早速、薪を燃やしてみたんですが、
好みの薪ストーブが入って、テンション MAX な旦那さん。よかったね♪
※ 今回、大江山の雲海情報で有名な
薪ストーブショップ フローレスタさんに直輸入・設置していただきました☆

住宅完成見学会

そんな、いろんな職人さん方の技術が詰まった
近くの山の木でつくった家の完成見学会が
今週末に開催されるそうです。
12/19(土)、12/20(日)の 2 日間。
10:00 〜 16:00 とのこと。
家づくりにご興味ある方は、ぜひ、遊びにいらしてください。

より詳しく説明を聴きたい方は要予約とのことです。
詳細は、両丹日日新聞に近日 2 回ほど広告が掲載されるそうなので
そちらをご覧ください。

私は娘の用事もあり不在にしていることもありますので
お知り合いの方については事前にご一報いただけると嬉しいです。

2015年04月23日

そまびと 撮影

そまびと
先週、旦那さんや義兄と一緒に山へ、
木の伐採体験に行ってきました。
面白くて、なおかつ、
かなり大変だったんですが(^_^;)、
それについてはまたご報告します☆

今日は、ami * nui の写真技術としては、
かなり良く
そまびと(杣人)写真が撮れたので
ご紹介します☆


旦那さま。
チェンソーで、かなり太いスギを
切っています。

そまびと

そまびと
後ろからの角度もいいでしょ?
職人肌の男性って(女性も)
とってもカッコいい!って
ami * nui は思っちゃうんですが
こうやって、木を切ってる旦那さんも
惚れ惚れしてしまいます。

最近の旦那サマ。
木切り以外の森林管理の仕事が忙しく、
現場は、スタッフさんに
お任せしているんですが
旦那さん自身も、
木を切る仕事のほうが好きみたいです。
久々にチェンソーを持てて
とーーーっても嬉しそうでした。

そまびと

そまびと

そまびと

そまびと

合計 3 本ほど切ったんですが、
最後の木は、年輪を数えてみたら、90 年生。
これからまた、木製家具として生まれ変わる予定です。

そまびと

旦那さんもご満悦☆
私も抱きつきたかったけど、今回は旦那さんが独り占め。

そまびと

途中の山道。
雪解け水か、雨水か・・・。水たまりがあったんですが、
そこにはたくさんのヒジキ! ならぬ、オタマジャクシが!!!

私は全然、気づかなくて
次男(義兄)さんが気づいて教えてくれました。
ami * nui、長靴を履いていたので、もし、次男さんが教えてくれてなかったら
そのまま水たまりを進んでたところでした(^_^;)
あぶなーーーい!

カエルが苦手なので、ここまでしか接写できませんでしたが、
「 ヒジキ、ヒジキ、、、、 」 と思い込みながら
なんとか近づくことができました(^_^;)
これも森の恵み。

2015年04月01日

木の園舎 : みどり保育園

みどり保育園
今日から新年度!
地元の木をたくさん使った保育園が完成しました☆

すでに 3 月 5 日の両丹日日新聞に
掲載されているので、
福知山にお住まいなら
ご存知の方も多いかもしれません。
(画像をクリックしたら
 大きな紙面が見れます)

そろそろ、入園式かなーーー?
みどり保育園の乳幼児ちゃん達が過ごす
新設の園舎になります(≧∇≦)

義兄設計 & 旦那さん達が管理する山の木。
紙面がカラーじゃないのが残念ですが、
無垢の木に囲まれた、心地よいお部屋になってるはず。

見学会とかが無かったので
私もまだ見れてないんです・・・。
幸い、みどり保育園 OB っ子ちゃんたちの
パパママさんがおられるので、
何かの折に見ていただけそう☆
後日、感想を聴いてみたいと思います♪

チビちゃん達が
ノビノビと気持ちよく過ごせますように☆

2015年03月24日

親子でつくるククサ & スプーン

ククサワークショップ

この前の日曜日。木材市場で、
このブログでも告知募集させていただいていた、
「 親子でつくる木のマグカップ & スプーン ワークショップ 」 が開催されました。

義兄が講師だったんですが、
主人も薪割り担当、私もお手伝いスタッフとして、参戦してました。

ククサワークショップ

ククサワークショップ

もくもくフェスタ実行委員会メンバーでもある CUANKA さん主催。
里山ねっと・あやべさんご協力のもと、親子約 40 名にお集まりいただきました。
お天気がとっても良くて、
ピクニック気分でワークショップが開催できました☆

ククサワークショップ

ククサワークショップ

今回は、「 初級編 」ということもあり、
刀を使っての削り工程はナシ。
大人からお子様まで楽しんでいただけるよう、紙ヤスリのみで仕上げていただきました。
皆さん、「 なんだか没頭しちゃうーーーー☆ 」 と
1 時間ほど、磨いておられました。

ククサワークショップ

薪割りオプションも大好評!
汗をたっぷりかくんですが、なかなか止められないっ。
ヤミツキになっちゃうみたいです♪

ククサワークショップククサワークショップ

旦那さん(帽子のほう)も、皆さんが到着するのを待つ間、
誰も頼んでないのに、ひたすら薪を割ってました。
なんだか性に合うらしく、よいフィットネスになってたみたいです♪

右側の男性(帽子をかぶってない方)は、
なんと神戸からのご参加!
皆さん、最初はなかなか狙ったところに斧が降りなかったんですが、
だんだん上手になってこられました。

ククサワークショップ

今回、こちらでは真ん中の斧をご用意していたんですが、
CUANKA スタッフさんが、ご自宅から、輸入斧(一番上)を持ってきてくださいました。
これが、軽くてよく割れる!
フィンランド製とのこと。さすが、木の国です。

ククサワークショップ

ククサワークショップ

皆さん、無事に完成!
中には、「 家に帰ってから、もっと磨きたいっ! 」 と
ククサ魂に火が付いちゃって、
紙ヤスリをいくつか持って帰られる方もたくさんおられました。

旦那さんたちが伐り出してきた木が
こうやって、皆さんの笑顔につながったり、
ご家庭でも活躍していくだろうことを想像させていただけるのは
本当にうれしいことでした☆

CUANKA さん、里山ねっと・あやべ さん、
ありがとうございました☆

2015年03月11日

KYO - KUKSA 2 作目

1503_kukusa1.jpg

先日、私が福知山に嫁ぐ決心させてくれた子 が遊びに来てくれましたが
そのとき、彼女の婚約祝いに、ククサを作ってプレゼントしました。
1 年以上前に旦那さんにプレゼントしたものに続き、これが 2 作目。
我ながら、ステキな曲線フォルムになりました☆

ククサ

KYO - KUKSA はこんな手づくりキット。
ほぼ、マグカップの状態になっていて、
自分で削ったり、磨いたりして、完成させます。

ククサ

紙ヤスリで磨くだけでも完成する、難易度のやさしいタイプもあるんですが、
今回、プレゼントするお友達(女性)の華奢な手にフィットするよう、
家にあった彫刻刀で削るところからスタートしました。

この彫刻刀。
小学生の頃から使ってるものです。
こどもの頃から父の影響で、年賀状を手づくりするのが大好きだったんですが、
高校生や大学生になっても、年賀状版画によくトライしていました。
社会人になって一人暮らしをするときにも、実家から持ち出し、
結婚するときも一緒に持ってきていたんですが、ずっとタンスの肥やし状態でした。
今回、10 年以上ぶり? かで日の目を見ることができました(^_^;)。

ククサ

木工ナイフやサバイバルナイフのほうが簡単に削れると思いますが、
Kyo - Kuksa のヒノキは、他の樹種に比べてやわらかいので、
平刀でも十分、削れます。
女性的で繊細な細いラインを作るため、今回はかなり削りました。
まだ、デコボコが残っていますが、気にせず紙ヤスリ工程にうつります。

ククサ

付属している 3 種類の紙ヤスリをつかって、どんどん、滑らかな表面にしていきます。
この作業が楽しい〜。
編みものと同じで、無心になったり、
プレゼントするお友達との想い出にひたったり、
彼女の結婚してからの近い未来に思いを馳せたりしながら
贅沢な時間が流れていきます。

私は、夜な夜な、寝る前に少しずつ作業をして
削る工程をふくめて 4 日間くらいで仕上げていったんですが、
部屋中、大好きなヒノキの香りに包まれました。

( 旦那さんには、
 「 現場のにおいがするーーー、仕事を思い出すーーー 」 と不評でしたが(^_^;) )

ククサ

(この写真は、一番上の写真の裏側。木目の表情が違います。)

最後にオイルで仕上げて完成!
一番いいのは、クルミだそうです。
クルミを買ってきて、それを砕いて布に入れ、それで磨くと
クルミに含まれている油分が馴染むんだそうです。

それ以外だと、亜麻仁油や荏胡麻油。
この 3 つは、硬化性に優れていて、すぐ乾くんだそうです。

もちろんオリーブオイルでもいいのですが、
ちょっとベトベトするのでご注意ください。
珈琲で煮出してコーヒー色にし、
コーヒータイム専用のマグにするツワモノもおられるそうです。

我が家に亜麻仁油の残りがあったので、今回はそれを塗りヌリ・・・。
いい感じに仕上がりました☆

Kyo - Kuksa。
奥京都意匠計画さんが、SomAbito(そまびと)ブランドを立ち上げ商品化されていて、
いまや、全国にどんどん売れているそうです☆
福知山を中心に、旦那さんたちが管理する
奥京都(京都北部)のヒノキ間伐材が使われているんですが、
本当にアリガタイことです。。。
amazon 他、こちら 『 SomAbito 』 オンラインショップでも
全国どこからでもご購入できまーす☆

そしてそして。
先日お知らせした、3/22(日) ククサ( & スプーン )づくりの親子ワークショップ
締切日が近づいてきました!
3/13(金)が〆切ですが、すでに 30 名を超えるお申込みをいただき、
ククサもスプーンも在庫わずかです。
お早目にお申込みください〜。
☆ 詳細はこちら

2015年03月05日

3/22(日) 親子でつくる木のマグカップ ワークショップ

1503_kukusa5.jpg

地元のヒノキで、オリジナルの木のマグカップを作ってみませんか?
春休み、親子ワークショップを開催します。
( 上の画像は、ami * nui が削って磨いて、お友達にプレゼントしたククサです☆)

ククサ
(※画像は、イベントチラシより抜粋)

すでに、ほぼマグカップ(スプーン)のカタチになっている荒削り状態のものを、
紙ヤスリを使って磨くワークショップになります。
なので、刃物はちょっと・・・と心配な方でも
お気軽にご参加いただけます☆
もちろん、お子さまでも大丈夫!
磨いている間、ヒノキのいい香りに癒されますよ〜〜〜☆

主催&企画は、もくもくフェスタ実行委員会メンバーでもある CUANKA さん。
里山ねっと・あやべ さん、もくもくフェスタ実行委員会も共催として協力しています。
当日の講師は、義兄がつとめまーす☆
( ami * nui もお手伝いスタッフでおりまーす。)

すでに、たくさんのお申込みをいただき、
定員が埋まってしまったので、枠をさらに増やしています。
当日は、ククサ(マグカップ)とスプーンが選べるんですが、
ククサは残りわずかとなっています。
ご希望の方はお早めにお申込みください。
(とりあえずの〆切は 3/13 ですが、限定数に達しましたら、募集を終了します。)

イベント詳細は、こちらのPDFfacebookページ をご覧ください。

Kyo - Kuksa については、こちらのページ をご覧ください。

ククサ
(※画像は、イベントチラシより抜粋)

2015年02月04日

鹿肉を食べよう! ジビエ料理教室

1501_olive.jpg寒いですねー。
いま、借家に住んでいるんですが
断熱材の入っていない、築ウン十年?の家なんです。
朝、起きたら 3 ℃、、、、とか、よくあることです。

とある日。
朝、起きてキッチンに行ったら
小瓶に入ったオリーブオイルが
固まってました!!!!!
この写真は、縦横を間違ってるんじゃないんです。
オイルが出てこないんです (T_T)。

立春になったけど、
もう少し、寒い日が続きそうですね。
太平洋側育ちのワタシには
まだまだツライ冬が続きます。。。

1411_gibier1.jpg

さてさて。
昨年からずっと、ブログをサボり気味だったので
ご報告できていないけど、ご紹介したいお話がイロイロあります。

まずは、11 月に参加した 「 ジビエクッキング教室 」 のご紹介!
青年林業家の嫁としては、鹿肉をたくさん食べたいところです。
そう思っていたところ、
もくもくフェスタのご縁で、京都府さんからお声がけいただいて、
料理教室に参加することができました☆
京都府さん太っ腹! なんと無料!ということで
お友達も何人か誘って、いざ体験!

1411_gibier4.jpg
講師は、宝塚市で鹿肉料理教室を開いている
愛 deer (アイディア)料理教室」 さん。
deer とは、英語で鹿のことです。

フランスを中心にヨーロッパでは、
超高級お肉の鹿肉。
野生のイノシシや鳥なども含めて、
ジビエ料理として一般的です。

食べれば食べるほど、脂肪が燃焼されて
基礎体温をアップするのにも役立つし、
鉄分がとっても豊富! ということで
女性にはとっても嬉しい食材なんです。
詳細は無鹿さんの HP にてどうぞ

今、福知山を中心に、京都北部でも
ものすごく野生の鹿が増えているので、
地元の鹿肉をどんどん食べよう!と、
今、京都府さんがチカラを入れてます。

1411_gibier3.jpg

1411_gibier2.jpg

そうはいっても、馴染みの無い鹿肉。
独特の臭みが苦手な方もいます(私もその一人)。
この臭みが、フランス人は大好きらしく、
あんまり臭みの無い(日本では好まれる)鹿肉は物足りないそうです(^_^;)。

愛 deer 料理教室さんでは、臭みをおさえる料理方法を
こまかく教えてくださいました。

ポイントは 2 つ。
(1) 加工処理が上手なお店・猟師さんから買う
(例)京丹波自然工房さん (← 今回はこちらの鹿肉を調理)
(有) 田舎暮らしさん (← 夜久野にあります)
(2) 低温調理を心がける

今回は、ローストビーフやトマト煮込み、ツミレスープなどを教えていただきました。
とっても美味しかったです☆
さらに低温調理を心がけて、スパイスを工夫すれば、
自宅でも鹿肉料理が楽しめそう!!!

1411_gibier5.jpg
美味しく調理できるか心配・・・という方は
こちらの商品がオススメです!

福知山で猟師をされている、
京丹波自然工房 さんの鹿肉ソーセージ!
これ、めちゃめちゃオススメです!

もくもくフェスタに出ていただいたとき、
食べそこねちゃったんですが、
「 ソーセージがとっても美味しかった! 」 と
ウワサをたくさんの来場者さんから聴いていたんです。
三和荘で見つけて、やっと食べることができました。

ポテトと一緒にグリルしてドイツ風で食べたり、
パスタに入れてみたりしました。
臭みにかなり敏感なワタシでも、
まったく問題なく、
めちゃめちゃ美味しくいただきました☆
私より臭いに敏感な旦那さんもご満悦です。

スパイスが効いてるので大人向けかもしれませんが
簡単に、鹿肉を食卓に取り入れることができます。

ネットや店舗はもちろん、
三和荘のお土産コーナーでも買えますよー。
いつか、コーナン産直コーナーとか駅近くのスーパーとか
気軽に買えるようになることを期待してます☆☆☆