2013年04月25日

cafe 月星日

カフェ 月星日

今日は、綾部の木材市場へ。
セリの日じゃないんですが、10 月企画イベントの事務関係で行ってました。
セリの日より朝早く、いつもの田園風景を通ったんですが、
最近、寒暖差が激しいので、田畑からものすごい量の湯気が立ち上ってました!
この写真で分かるかなーーーー?

カフェ 月星日

ちょうど、お昼前に終わったので、
ずっと気になってた、「 cafe 月星日 」 さんへ行ってきました。

以前ご紹介した 空山の里 さんに併設されていて、
都会から移り住まれたご夫婦で、どちらの店舗もキリモリされています。
いつも、市場に行く日には、ここで地元のお野菜を買います。
(でも、今の時期は、たくさん採れるお野菜が無くて
 今日もスッカラカンでした。ご興味ある方、しばしお待ちを〜。)

カフェ 月星日

空山の里 さんには 月 2 回、お邪魔するんですが、
お隣の cafe 月星日 さんに入るのは初めて!
いつも、セリ市ではお昼のウドンやタコ焼きが出るので、
なかなかランチをするチャンスが無かったんです。

おそるおそる、、、でも、ご夫婦とはもう顔馴染みなんでワクワクしながら
一歩入ってみてビックリ!
簡易郵便局も兼ねている 空山の里 さんとは全く違う雰囲気でした!
ご主人の趣味だそうで、
大型バイクが入口に飾られ、ギターやアンプなどがズラリと並んでます。

もともとは農協さんの米蔵だった建物を
ご主人ご自身がお友達に手伝ってもらいながらリフォームしたそうです☆
農協が無くなってしまうことを嘆いた村の方たちに請われて
村のコンビニ 「 空山の里 」 や 「 月星日 」 を始めたので
柱や机などに使われている木は、地元の方たちがくださったそうです♪

カフェ 月星日
この写真の方、どなたかご存知ですか?
女性ロッカーなんですが、
富士ロックフェスティバルにも出演されるような
有名人だそうです。
(ごめんなさい。お名前を忘れました(^_^;))
この 月星日 さんをとても気に入られて、
ほぼ毎年、ライブしに来られるそうです!

もし、ご興味ある方はぜひ
お問合わせください〜☆
( HP とかは無いので、知人や興味ある方にだけ
  お声がけしてるらしいです。)

カフェ 月星日

いただいたのは、ココナッツミルクカレー。
ココナッツミルクカレーが大好きな私。
とーーーーーっても美味しかったです♪♪♪
辛いのが苦手な私でも大丈夫なくらいのマイルドな辛さ。
なんと、ネパール人から伝授してもらったレシピだそうです☆

奥さんお手製の福神漬けも絶品。
食後にいただいた紅茶(アールグレー)も、ちょっとスパイシーで
カレーの後の口の中がスッキリしました☆
また食べたいなー☆
これから、セリの日以外も市場に行くことになりそうなので、
お昼に合わせて行こうっと♪


■ 空山の里 & cafe 月星日
   ※ 今は、お昼〜夕方のみ営業されています。
     カレーとシフォンケーキ、他ドリンクがあります。
     ゴメンなさい。定休日は未確認です(>_<)。もし、ご興味ある方は、
     念のため、お電話で営業時間を確認されてからいらしてくださいね☆
〒623-0235 綾部市鍛治屋町花ノ木6−4
電話番号: 0773-47-0704

2013年04月19日

旬を喰らふ 〜 春 〜

春の旬
春。
今週も、いろんな旬が食卓に並びました。
特に、山菜がたくさん
農協・八百屋・産直コーナーに並ぶようになったので
すぐ手を伸ばしてしまいます。

まずは、我が家の最近のブーム。
醤油糀の漬け丼。

お刺身の切り落としを
醤油糀に半日くらい漬けておいて
炊きたてご飯に載せます。
シソやゴマがイイ仕事します☆

仕事日に助かる時短料理でもありマス♪

春の旬


フキを炊いたもの。
150 円ナリ〜。安い!

葉っぱはアク抜き中。
佃煮にする予定。

春の旬
いただきもののタケノコ。
毎年いただく美味しいものなので、
シンプルにグリルで焼きました。

木の芽は、主人実家で採れたもの。
いずれもいただいたものなので
無料ナリ〜。すごい。

春の旬春の旬

コゴミ・タラの芽・ウドの天ぷら。
タラの芽が一番高くて 250 円。すごい。
カラダの毒素を排出するために、「 春の苦味は盛るべし 」 と言うけど、
どれも美味しいーーーーー☆

ウドの根元は、生で酢味噌和え。
こちらも最高☆

山と海に近いって、本当に素敵♪
この地域の醍醐味ですねー☆

※ ほんとは、旦那サマが山で採ってきてくれたらいいんだけど・・・。
  残念ながら、山菜は分からないらしい。。。モッタイナイ(>_<)。


2013年03月18日

2 年目の手前味噌づくり

先々週の日曜のこと。
去年より 2 週間はやく、今年の手前味噌づくりに挑戦しました。
最初から最後まで、自分でつくるのは 2 回目。
先生がいない状態では、初めて!
ドッキドキです。

お味噌汁はどれも、塩分と温度のおかげで、体を温めてくれるそうです。
ただ、市販(特にスーパー)のお味噌は、常温で販売しても味や質が変わらないよう、
火入れ処理して殺菌しているものが多いんですが、
手前味噌は、麹を入れてからは加熱処理をしていなくて、
麹が元気に生きています。

それに、市販のお味噌は、発酵期間が 3 ヶ月程度なんですが、
bionest さん流のお味噌は 1 年味噌なので、発酵期間は 4 倍!
その間に、麹くんが栄養素をたっぷり作ってくれるので、
アンチエイジングや解毒に効果的だそうです☆

・・・ま、能書きは別としても、単に、めちゃめちゃ美味しいから
作っちゃうですけどね☆

手前味噌づくり
去年は、bionest さんが買ってきてくださった、
黒大豆とふつうの大豆が自然と交雑した
まだら大豆でした。

今年は、地元 福知山産の緑大豆が手に入りました。
黒大豆もそうだけど、
青大豆もお味噌にオススメだとか。
ふつうの大豆や黒大豆よりも糖分が多いため、
甘味とコクが贅沢なお味噌になるそうです。

去年に仕込んだ 1 年味噌が、あっという間に少なくなってきて
半年でさえも もたなさそうなので、
去年の 1.5 倍量 1.5 kg を仕入れました。
(最終重量は 9 kg のお味噌になりました!)


手前味噌づくり
保温鍋と、圧力鍋と、両方で茹でました。
去年は保温鍋だけだったから分からなかったけど、
圧力鍋のほうが楽で、柔らかく茹であがりました。

「 ただ茹でただけ 」 のお豆を食べてみると・・・
ビックリするくらい甘い!!!!

オヤツ代わりにパクパクぱくぱく・・・
あんまり甘くて止まりませんっ!!!!
青大豆。恐ろしや〜。
先行きが楽しみです。

手前味噌づくり
茹でてる間に、麹の準備。
飲み比べの結果、今年も、麦麹 100 %。
今年は、大阪屋さんの麹を買いましたが、
去年の bionest さんが用意してくださった麹のほうが、
強力に発酵してた気がします。
でも、お味噌に仕込んだ 1 年後の結果は
見た目では分からないので、来年が楽しみです。

去年はこの麹をバラけさせて
お塩と混ぜる作業にかなり時間がかかったんですが、
大阪屋さんの麹はバラけやすく、
旦那さんも手伝ってくれたので、
あっという間にバラバラになりました。

手前味噌づくり
茹であがったお豆を厚手ビニール袋に入れて
ウドンづくりのように、踏みつけて潰します。
ここでも、旦那さん、大活躍!
あっという間に潰れます〜。
嬉しいやら、哀しいやら。

禁煙生活がスタートしている旦那さん。
食欲旺盛で成長期なんです。。。(^_^;)


手前味噌づくり

ホーロー容器に詰め込んで、完成〜〜〜☆
去年は、麦麹がグングン水分を吸いこんだことと、
混ぜ込みに使った木製寿司桶も水分を吸いこんだことで、
固めのお味噌になりました。
だから、手前味噌には付きものと言われているカビは生えなかったんですが、
期待していたタマリが一滴も取れず・・・・。

今年は、茹で汁を足しながら、水分量を調整してみたので、
タマリでお刺身が食べられることを祈ります☆

去年、bionest さんが、
お味噌の師匠仕込みのポイントやらコツやらを、しっかり教えてくださったので
自分なりに工夫できた気がします。
ありがとうございましたー☆

2013年03月06日

お味噌汁の飲み比べ

手前味噌。
あんまり美味しくて、最近は、お味噌汁をお替わりしてしまいます。

今年の仕込みはどうしよう・・・。
仕込みに先だって、先日、
旦那さんと一緒に、お味噌汁の飲み比べをしました。

よくある一般的なお味噌は、米こうじ 100 % のもの。
私も、コドモの頃から、米味噌に慣れ親しんできました。
でも、米味噌は、美味しいものが(道の駅や産直コーナーで)市販でも手に入るので、
せっかく作る手前味噌は、麦こうじを使いたいな・・・と思ってます。

去年、bionest さんに教えてもらったのは、麦こうじ 100 %の麦味噌。
ネットで調べてると、
  ・米味噌は甘みがある、麦味噌は旨味がある。
  ・麦味噌は甘い。米味噌は旨味がある。
と、逆のことが書いてあったりして、よく分からなーい(^_^;)

なので、今年の麹を買った 舞鶴の大阪屋 さんで、大阪屋さん自家製の田舎味噌を買ってきて
飲み比べをすることにしました。

味噌

今回、試飲したのは 3 種類。

(1) 我が家 の 手前味噌 : 麦こうじ 100 %、1 年仕込み (写真 手前右)
(2) bionest さんの 手前味噌 : 麦こうじ 100 %、2 年仕込み (写真 手前左)
(3) 大阪屋さんの自家製味噌 : 麦こうじ 50 %、米こうじ 50 %、1 年仕込み (写真奥)

昆布と鰹節でとったお出汁に、お野菜をたっぷり入れて、1つの鍋で茹でたあと、
お椀を3つ用意。それぞれのお味噌を入れて、溶かしました。
こうすると、ベースは一緒なので、
味の違いはお味噌だけ・・・・ということになります。

私は、麦麹 100 % が美味しいって思うんだけど、
自分も含め、みんなで作ったお味噌だから、ひいき目に感じてる可能性大!
なので、旦那さんには特に何も説明せず、
それぞれの味噌の出所や材料は内緒にして、飲んでもらいました。

我が家の味覚センサーでもある旦那さん。
私よりも、全然、舌の感度が鋭くて、
何にも言わなくても、八百屋じゃなくてスーパーで買ったキュウリやお刺身がバレちゃうし、
同じスープを作っても、1 年前のと比べて味の濃さが分かったりします。
私が買って帰るスイーツに対する評価も、ものすごく的確です。

何も知らされていない旦那さんが選んだお味噌は
 (2)麦 100 % bionest さんの 2 年仕込み!
 (1)麦 100 % 我が家の 1 年仕込み!
この 2 つがとっても近似してて、美味しいとのこと☆
あえて言うなら、(2)のほうが、発酵度合いが進んでて、よりコクがあるから、
(2)のほうが好き、だそうです。
旦那サマ。発酵度合いを当てちゃったよ・・・。
私には、発酵度合いの違いはとっても似かよってて分かりませんでした・・・(^_^;)

 (3)麦 50 %、米 50 % のお味噌
は、旦那さん的には却下、だそうです♪
私と意見が一致してて良かったーーーー☆
お姑さんも、我が家の手前味噌を大大大絶賛でした☆

米こうじが入ってるお味噌は、とーーーーーっても甘かったです。
麦 100 %のお味噌は、それに比べると、甘味は少ないけど、
めちゃくちゃ旨味と深みがありました。その差は歴然!

こればっかりは好みだと思うんですが、
我が家の場合は、旨味と深みを取ろう!ということで満場一致。
甘味は、お野菜からエキスが出てくるからね・・・。
今年の手前味噌も、麦こうじ 100 %にすることにしました。

去年は、大豆 1 kg + 麦こうじ 2 kg = 合計 3 kg + 塩 で仕込みました。
でも、義姉らや、いつも戴きものをしてくださる方々、実家、ワークショップ生徒さん等に
分けっこしてたら、あっという間に少なくなっちゃいました(^_^;)。
1 年、もたなさそう・・・・。

今年は、去年の 1.5 倍量で仕込んでみようと思います。
そのうち、慣れてきたら、2 倍量にできるかな・・・?

2013年02月27日

舞鶴の麹屋さん 〜 大阪屋 〜

今日は、オーダー品の打ち合わせ & 納品で舞鶴へ。
とんだ勘違いで、待ち合わせのお店を間違える、という大失態を犯したにも関わらず、
打ち合わせがスムーズに進み、とっても楽しくて、感性を刺激される時間になりました☆
ほんと、ゴメンなさいでした・・・。 舞鶴、、、まだまだ慣れません(>_<)
そのオーダー品については、また後日、お客さまにて解禁になったらご報告します♪

大阪屋

その後、ずっと気になってた 舞鶴の麹屋さん、大阪屋 さんへ行ってきました。

去年の夏に、eri さんからお誘いいただいた
もろみ作り教室 @夜久野の公民館 」 で使われていた絶品 麹 が、
大阪屋さんのものでした。

ネットで検索したら、そのホームページに書かれている、

「 発酵にロマンをもとめて 」

という言葉に ズキュンっ! とハートを射止められて以来、
ずっと行きたかった麹屋さんです♪

去年、bionest さんからご指南いただいてつくったお味噌がとっても美味しくて、
今年も手前味噌を仕込む予定ですが、
その麹として、今年は大阪屋さんのものを使おうと思ってます。

大阪屋

大阪屋
店内は、季節だからか、
お味噌関連の商品で埋め尽くされてました!
麹はもちろん、
大豆・天然塩・味噌壺・ミンチ機、などなど・・・。
大阪屋さん自家製のお味噌や甘酒・もろみも売ってます。

奥さまが対応くださったんですが、
思いがけず長話になりました。
今やすっかり、「 麹好き 」 になってる ami * nui ですが、
奥さまとお話してたら、さらに、
麹テンションが上がっちゃいました☆

※ 許可をいただいて、
  店内をくまなく撮影させてもらってます♪


大阪屋

もともと、豊臣秀吉に仕えていたお武家さんだった、というご先祖さま(だから屋号が「 大阪屋 」)。
関ヶ原で敗れて以降、縁のあった舞鶴にのがれ、
物騒だから・・・ということで、武家から商人になったそうです。

最初は、お餅屋さんから始めて、
同じ蒸し米を使う・・・ということで、麹屋さんに移っていったそうです。

今は、京都市内にも 2 号店があって、
有名な京料理屋さんでも、「 大阪屋さんの麹が一番 美味しい! 」 って
使ってくださってるそうです。
どうも、寒い気候と、使っているキレイな地下水が、麹の美味しさに影響してるみたいです。

あと、機械で工場的に作らず、昔ながらの手作業での仕込みをされてるので、
大手さんの麹より、元気な麹菌がよくハゼ込んでる(中まで菌糸が入り込んでる)そうです。

去年、bionest さんが取り寄せてくださった麹も
ものすごくハゼ込んでましたが、
今回の麹でつくるお味噌も楽しみです☆

ちなみに、大阪屋さんが京都市に出されている 麹 cafe
とーーーーーーーっても気になります!

生こうじの 大阪屋
   〒624-0934 京都府舞鶴市 堀上 68 
   TEL: 0773−75−0550  
   営業時間: 9:00 〜 18:00
   休業日: 日曜祝祭日 (冬期は無休)

2013年02月25日

金ごま油にハマってます

ピッコロモンドGOMA

かなり前のハナシですが・・・(^_^;)。

Petit Bonheur さんの謝恩会 & 祈念会にご招待いただき、
ピッコロモンド GOMA に行ってきました☆
いつも美味しいんですが、道中 & ランチ中、
Petit Bonheur さんや murmure さん、moegi さんとのオシャベリが楽しくて、
笑顔たっぷりのお食事会でした。

まずは、とっても味の濃いお野菜のサラダ。
カブのピクルスが絶品でした。

ピッコロモンドGOMA
カブのパスタ。

このカブの味がものすごく美味しくて
衝撃を受けました。
中まで、よいお出汁がしみ込んでました。

あんまり美味しかったから、
カブにどういう味付けをされたのか
シェフに尋ねたら、なんと!
「 生ハムでとったダシで味付けした 」
とのこと。
道理で・・・、美味しくないわけがありません☆

生ハムでダシを取るなんて贅沢なこと、
家ではできないですもんね・・・(^_^;)。

ピッコロモンドGOMA
今回は、ほぼ全てのゴマ油が
卓上に用意されていて、
いろんな商品の風味を比べながら試せました。

しっかりした味の 「 黒ゴマ油 」。
素材の味が甘く引き立つ 「 生しぼり油 」。
そして、一番ヒットしたのは
風味のバランスが絶妙な 「 金ごま油 」。

さっそく、みんなで
金ごま油を買って帰りました。

そしたら moegi さんから早速、
「 グラタンにかけたら絶品だったーーー 」
という報告が届きました!
なんと! グラタンにゴマ油!!!

確かに。オリーブオイル感覚で
サラダにもよく合う金ゴマ油だったら
クリームソースにもよく合いそう・・・・。
我が家でも、ドリアで挑戦!
とーーーーーーーーっても美味しくて、いつもよりたくさん食べちゃいました☆

ふつうのゴマ油だったら、味が濃すぎて、クリームの風合いが壊れちゃいそうですが、
風味がマイルドな金ゴマ油ならではの使い方。
ヤミツキになりました!
それ以来、我が家では、和洋中問わず、なんにでも金ゴマ油をかけてみてます〜☆
最初から かけるんじゃなくて、途中で ほんのちょっと かけるのがミソ。
風味の違いが楽しめてオススメです♪

オリーブオイル同様、コレステロール値を下げる不飽和脂肪酸の多いゴマ油ですが、
くれぐれも、取り過ぎにはご注意〜☆

Petit Bonheur さん。お招きくださりありがとうございました☆

2013年02月14日

豆腐チョコトリュフ レシピ完成まであと少し!

豆腐チョコトリュフ

今日の午後は、バレンタインチョコづくり。
材料のほぼ半分がお豆腐でできてるチョコトリュフ☆
生クリームは使ってないのに、生チョコみたいにフワフワ トロ〜っ☆
きのうも一昨日もワークショップだったので、当日間際の作業〜(^_^;)。

一昨年は失敗したけど、レシピを毎年、改良していって
今年は手際もよく、ちょっとした軌道修正だけで完成しました♪
( それでも、まだまだ要改善。今回はちょっと甘すぎたなーーーー。
  あと、プレゼントしてから時間が経つときのことを考えなくっちゃ。
  来年向けのレシピに反映させようっと♪)

もともとは、牛乳アレルギーの子(軽めの症状)対応のために作った
豆腐チョコトリュフ。
でも、豆腐って分からないし、生クリームみたいに重くないから、
毎年、チョコ好きじゃない義父・義兄にも大人気。
今年は、去年のほぼ倍量を作りました。

元になったレシピはこちら
  ※ 私は、ブラックチョコ使用。
    豆腐にひと手間加え、ラムエッセンスやらバニラエッセンスやらを加えてます。

2013年02月06日

持ち寄りランチ 最高☆

持ち寄りランチ持ち寄りランチ

昨日は、我が家でも持ち寄りランチ。
いつも、ami * nui を勇気づけてくれる hana* ちゃんと まるころ ちゃんが
忙しい時間をぬって、細くて運転しづらい道を来てくれました(^_^;)。
なかなか休みの日が合わなくて、やっとやっと実現したランチ会☆

ほんとは、ami * nui がランチを用意するハズが、
二人とも一品を持ち寄ってくれて、豪華なランチ大会になりましたー☆
うれしい誤算〜♪♪

まるころ ちゃんは、美味しいキムチを使った豚キムチ☆
hana* ちゃんは、大好きな沖縄料理のラフテー。
ami * nui は、チリビーンズ・牡蠣チャウダー・カブピクルスと水菜のサラダ。
和・洋・中、なんでもアリです☆
夕食分もいただいちゃって、旦那さんもご満悦でしたーーーー☆
美味しいお土産もありがとーーーーー☆

ほんとはもっともっとシャベリだかったけど、
全然きづかなかったくらい、あっという間に時間が過ぎてて・・・・。
まだまだ、アレもコレもシャベリたかったなー☆
また集まろうね♪♪♪

2013年01月30日

カリンの蜂蜜漬け

1301_karin2.jpg

先日、遅ればせながらカリンを蜂蜜に漬けました。
毎年、ノドをいたわるホットドリンクとして活躍してくれてます。

いつもは、無料で手に入ることが多いんだけど、
今年は、奈良の実家に帰省したときに、八百屋さんで安かったので
買って帰ってきたカリンです。

ちょうど、ハチミツが無くなったから
ハチミツの配分が違う瓶が 2 つできました。
味の違いはどうかなー???? 楽しみ☆


2013年01月16日

物々交換 ゆずジャム

ゆずジャム

森のがっこう の H さんから
物々交換 柚子シリーズが届きました☆
自家製の柚子ジャム・柚子シロップ・ゆず種の化粧水 の 3 点セットです☆
私が作ったブラックベリージャム・塩麹 との物々交換品♪
やったね!
ホット柚子茶や、カブの酢のものなどに使いたいと思います☆
化粧水の効果も楽しみ〜♪
H さん、ありがとうございます!

ゆずジャム

こちらは、毎月お世話になっている いっぷく半月庵(綾部)さんのお煎餅。
化学調味料を一切つかっていない塩煎餅です☆
アミノ酸(味の素)を使わずに、鰹節や昆布を使って、
素材そのものの味を引きたててます。
やさしいお味が美味しいーーーーーーーー!!!!